Fate/GrandOrder(フェイトグランドオーダー)の攻略イベント情報まとめ

【FateGO】ジークフリートの評価・おすすめの使い方・スキルなどステータス

ジークフリート

【FateGO攻略】このページでは、ジークフリートの評価・再臨素材・おすすめの使い方・スキル、宝具、効果、ステータスをまとめています。


【FateGO】ジークフリートのステータス

クラス:セイバー
レア度:★4
属性:混沌・善
真名:ジークフリート CV:諏訪部順一
時代:5世紀~6世紀
地域:ドイツ、ネーデルラント
筋力:B+
耐久:A
敏捷:B
魔力:C
幸運:E
宝具:A

初期値/最大値
HP:2266/14165
ATK:1363/8181
COST:12
所有カード:Quick×1 Arts×2 Buster×2

保有スキル
黄金律[C-]:自身のNP獲得量アップ
仕切り直し[A]:自身の弱体状態(デバフ)解除&HP回復
竜殺し[A]→竜殺し[A++]:自身に[竜]特攻状態を付与&[竜]特防状態を付与&自身のバスターカード性能をアップ

クラススキル
騎乗[B]:自身のクイックカードの性能をアップ

宝具名:幻想大剣・天魔失墜 バルムンク
ランク:A+
種類:Buster
種別:対軍宝具
効果:敵全体に強力な[竜]特攻攻撃〈オーバーチャージで威力UP〉


ジークフリートの再臨素材

第1段階
セイバーピース×4

第2段階
セイバーピース×10
竜の牙×15

第3段階
セイバーモニュメント×4
世界樹の種×10
英雄の証×12

第4段階
セイバーモニュメント×10
英雄の証×24
竜の逆鱗×4


ジークフリートの評価

スキル「竜殺し」による攻撃力と防御力のアップや竜特攻攻撃などで特に竜属性を持つ敵に対し多くのボーナスを得ることが出来る「竜殺し」の逸話を持つセイバー。
特に竜属性を持ったセイバーと相性の良いバーサーカーとランサークラスの敵には☆4サーヴァントの中でもトップクラスの能力を発揮する。
基本的にはクラス相性の方が竜属性特攻よりもダメージを与えやすいが、クエストで複数のクラスの竜属性を持つ敵が出現するような場合は安定性が高いオールラウンダー。

竜特攻の威力は、宝具「バルムンク」をオーバーチャージする事で跳ね上がる。その為、竜属性持ちの相手に使用する場合は宝具チェインのなるべく最後に入れるようにした方が良い。
※竜属性を持たない相手に威力は上がらない点に注意。
なお、宝具で相手に竜属性を付与するゲオルギウスを宝具チェインで組ませる事で活躍しやすくなる。

現在の所、竜属性を持つサーヴァントはエリザベート・アルトリア・アルトリア(オルタ)・清姫などが確認されている。特にエリザベートは自身も竜属性を持つ為「バルムンク」や「竜殺し」の竜特攻の影響を受ける。
また、ランサーとしてのクラス相性も重なり最大限の火力を発揮できる。

ステータス上昇率は最初は成長力が低く、中盤以降大きく伸びる。その後、最高レベルに近づくと再び低くなるタイプである。
序盤は厳しいが、最終的には☆5に匹敵するHPを得る事が出来る。ただ反面、攻撃力の方は☆4サーヴァントの中でも低い部類に入る上に竜属性以外の相手に対しては自力で火力を上げる手段が無い。
その為火力不足を感じる場面が多い。

装備する概念礼装は低めの火力を補強する意味で宝具威力強化の「ヘブンズ・フィール」やBusterアップの「リミテッド/ゼロオーバー」や「緑の破音」がお勧め。高いHPを活かす為の「鋼の鍛錬」等で防御力を上げても良い。
装備の柔軟性は高く、NP取得量の増加があるスキル「黄金律」があるのでNP補強礼装に頼らず宝具を撃ちやすい。

男性特攻宝具を持つエウリュアレと、アーチャークラスのサーヴァント且つ男性特攻のスキルを持つオリオンが現状での天敵。敵として出現した場合は、優先して倒した方が良い。

セイバーのクラススキルである対魔力が無い為、敵からのデバフにかかりやすい。ただ「仕切り直し」を使用する事によりスタンや魅了行動不能系以外は解除できる。

敵として出現した場合は竜属性を持ったサーヴァントを狙う傾向がある。
こちらが竜属性を持つサーヴァントを持つ場合は、連続で竜殺しを使用されるとダメージが通らなくなってしまうので注意したい。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

カテゴリー

PR

Twitter

フォローお願いします!
fatego_japan