Fate/GrandOrder(フェイトグランドオーダー)の攻略イベント情報まとめ

【FateGO】アン・ボニー&メアリー・リードの評価・おすすめの使い方・スキルなどステータス

アン・ボニー&メアリー・リード

【FateGO】アン・ボニー&メアリー・リードのステータス

クラス:キャスター
レア度:★4
属性:秩序・善
真名:アン・ボニー&メアリー・リード CV:野中藍(メアリー)・川澄綾子(アン)
時代:1700年頃~1782年&1690年~1721年
地域:アイルランド島&イングランド、カリブ海
筋力:C
耐久:C
敏捷:A
魔力:E
幸運:B
宝具:C

初期値/最大値
HP:1805/11286
ATK:1504/9029
COST:12
所有カード:Quick×2 Arts×2 Buster×1

保有スキル
航海[A]:自身のスター発生率を大アップ
射撃[B]:自身のクリティカル威力をアップ
コンビネーション[C]:自身の攻撃力をアップ&スター集中

クラススキル
対魔力[D]:自身の弱体耐性を少しアップ

宝具名:比翼にして連理カリビアン・フリーバード
ランク:C+→C++
種類:Quick
種別:対人宝具
効果:敵単体に自身のHPが少ないほど威力の高い超強力な攻撃〈オーバーチャージで威力アップ〉

アン・ボニー&メアリー・リードの評価

☆4ライダー。2015年11月5日実装。
カード構成は黒髭氏やフランシス・ドレイクら海賊系ライダーとは違い、Buster1、Arts2、Quick2とライダーとして一般的な構成。
スキルは全てスター・クリティカル関連のもの。スターの扱いに長けるアサシンのサーヴァントやアタランテなどと組ませるのも選択肢。
宝具には「自分のHPが低いほど威力が高くなる」という効果が存在。何故スパルタクスもこうしなかったのか。宝具威力と低HPのリスクを考えた上で、慎重な運用が求められる。
宝具の特長を生かして、復活時の低HP状態で起死回生を狙える不夜の薔薇、HP自然減少のデメリットを逆手にとれる黒の聖杯といった礼装装備も一考に値する。
マシュや諸葛孔明、ダビデと言った、味方にNP増量や回避・無敵を付与できるサーヴァントのサポートもあればなおよいかも知れない。
一緒に組ませる相手としては、スター関連に長けてスキルの「アルカディア越え」で宝具強化ができるアタランテ、「鑑識眼」でNP増加とクリティカル威力アップが出来る諸葛孔明あたりが高相性。但し、両者とも高レア故にコストが高いことがネック。
低コストの相手であれば、スター生産能力に長け、かつ、素でNPゲージが貯めやすくて宝具チェーンを組み込みやすい呪腕のハサンが有力。再臨三段階目であれば3回回避スキルを覚えるため、ステータス値以上に生存能力が高く、アン&メアリーのHPが低くなるような長期戦にも対応できる。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

カテゴリー

PR

Twitter

フォローお願いします!
fatego_japan