Fate/GrandOrder(フェイトグランドオーダー)の攻略イベント情報まとめ

【FateGO】フランシス・ドレイクの評価・おすすめの使い方・スキルなどステータス

フランシスドレイク

【FateGO】フランシス・ドレイクのステータス

クラス:ライダー
レア度:★5
属性:混沌・悪
真名:フランシス・ドレイク CV:高乃麗
時代:1543年頃~1596年
地域:イングランド
筋力:D
耐久:C
敏捷:B
魔力:E
幸運:EX
宝具:A+

初期値/最大値
HP:1881/12830
ATK:1750/11326
COST:16
所有カード:Quick×1 Arts×2 Buster×2

保有スキル
嵐の航海者[A+]:味方全体の宝具威力アップ&攻撃力アップ
黄金律[B]:自身のNP獲得量アップ
星の開拓者[EX]:自身のNPを増やす&無敵貫通状態を付与+スターを獲得

クラススキル
対魔力[D]:自身の弱体耐性を少しアップ
騎乗[B]:自身のクイックカードの性能をアップ

宝具名:黄金鹿と嵐の夜ゴールデンワイルドハント
ランク:A→A++
種類:Buster
種別:対軍宝具
効果:敵全体に強力な攻撃+スター大量獲得

フランシス・ドレイクの評価

2015年11月5日に実装されたライダー初の☆5サーヴァントである。カード構成はBuster2、Arts2、Quick1とライダーとしては珍しく、先に実装されている海賊出身ライダーのエドワード・ティーチと同様、宝具を絡める事で自力のバスターチェインを出せる攻撃力に特化した構成が可能である。
全体的に宝具に特化したスキル構成となっていて、「黄金率」と「星の開拓者」でゲージを溜めて「嵐の航海者」で強化した宝具を放つのが基本となる。 嵐の航海者は軍略+カリスマの複合スキルで、+が付いている分ティーチより効果が上。
また「星の開拓者」は「無敵」だけでなく「回避」も貫通する優秀な効果をもつ。

スター獲得能力は高く、クイックは一枚しかないもののその性能が高い。単体での星の発生数は最高クラスであり、星の集中度が全クラストップというライダーの特性に加え、宝具と「星の開拓者」でもスターを獲得できるので、礼装やパーティー編成しだいではスター特化の運用も可能である。
宝具『黄金鹿と嵐の夜』のスター獲得は、ドロップではなく一定数入手するもので『優雅たれ』などのスター発生率アップ効果は得られない為、この系統の礼装を装備する意義はあまりないかもしれない。

フランシス・ドレイクの略歴

「騎兵」のクラスのサーヴァント。ムーンセルの聖杯戦争において、間桐シンジによって召喚される。
クラシックな二丁拳銃を持ち、顔に大きな傷のある女性。
男以上に男らしい女海賊である彼女だがサーヴァントとしての自分に不満はなく、シンジのいびつさ、選民思想を認めて流しマスターとして役不足とも思わず「シンジが悪党なら、悪党として自分も楽しくやろう」とスタンスを持っている。マスターの望みは全て叶える方針だが決してマスターの能力以上の『貸し出し』はしない。子供っぽいところのあるシンジには豪快な姉という態で接していたが、同時に「雇われた関係」という線をきちんと引いており、方針には基本的に口を挟まず、「副官」という立場で臨んでいた。刹那的快楽を良しとし、私生活も戦争も、嵐のように吹きすさんだ後、何も残らないようなものを好む。生・人生・人間としての意義・誇りに執着はせず、死・万人共通に訪れる没落こそを良しとし、愛している。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

カテゴリー

PR

Twitter

フォローお願いします!
fatego_japan