Fate/GrandOrder(フェイトグランドオーダー)の攻略イベント情報まとめ

【FateGO】クー・フーリン(術)の評価・おすすめの使い方・スキルなどステータス

クーフーリンキャスター

【FateGO】クー・フーリン(術)のステータス

クラス:キャスター
レア度:★3
属性:秩序・中庸
真名:クー・フーリン CV:神奈延年
時代:前1世紀~西暦1世紀?
地域:アイルランド
筋力:E
耐久:D
敏捷:C
魔力:B
幸運:D
宝具:B

初期値/最大値
HP:1728/9604
ATK:1222/6580
COST:7
所有カード:Quick×1 Arts×3 Buster×1

保有スキル
ルーン魔術[A]:自身のクリティカル威力アップ&弱体耐性アップ
矢避けの加護[A]:自身に回避状態を付与(3回)&防御アップ(3ターン)
仕切り直し[C]:自身の弱体状態(デバフ)解除&HP回復

クラススキル
陣地作成[B]:自身のアーツカードの性能をアップ
神性[B]:自身に与ダメージプラス状態を付与

宝具名:灼き尽くす炎の檻 ウィッカーマン
ランク:B
種類:Buster
種別:対軍宝具
効果:敵全体に強力な攻撃&防御力ダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果UP〉&やけど付与(3ターン)〈オーバーチャージで効果UP〉

クー・フーリン(術)

序章のクリア報酬サーヴァント。
クラススキル「神性」によるそこそこ高めの火力が特徴で、更に本家のクー・フーリンと同じく「矢避けの加護」「仕切り直し」により生存能力が高い。
加えて☆3キャスターの中ではHPも高めであり、スキルと合わせる事により割と生き残れる。

宝具は全体攻撃+バッドステータスを持ち、全体攻撃系でのボス戦の露払いや雑魚散らしなどで活躍する。NPもアーツカードが多いため溜めやすい所も利点。礼装でNP供給を補助した上で積極的に使っていきたい。
また宝具コンボの後ろの方に組み込んだ場合、やけどのダメージが上昇する。長期戦の場合はそのダメージもバカにならないので、狙えるのであれば狙いたい。

成長率に関してはLv40前後を境にステータスの伸びが鈍化。「神性」による強化を加味したとしても、火力が物足りなくなってくる。また、2段階以降の霊基再臨にイベントや特定サーヴァントの絆クエストでしか入手できない禁断の頁・無間の歯車や入手難度の高い混沌の爪が必要になってくる所も厳しい。総合して中盤以降の育成はかなり難易度が高いと言えるだろう。

序章クリア後の一章はワイバーンなどのライダーが多数居る為、育ててもあまり活躍の場がない。
その真価を発揮するのは二章からで、ライダーの割合が少なくなる上に霊基再臨を果たせば矢避けの加護を得る。ひとまず一章では控えに入ってもらい、二章や曜日クエストで存分に活躍してもらおう。
育てておけばキャスタークラスは「マスター訓練中級」などの攻略が楽になるので、序盤から2章攻略の間だけでも育てて損はない。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

カテゴリー

PR

Twitter

フォローお願いします!
fatego_japan