Fate/GrandOrder(フェイトグランドオーダー)の攻略イベント情報まとめ

【FateGO】ヘラクレスの評価・おすすめの使い方・スキルなどステータス

ヘラクレス

【FateGO】ヘラクレスのステータス

クラス:バーサーカー
レア度:★4
属性:混沌・狂
真名:ヘラクレス CV:西前忠久
時代:神話時代、紀元前13世紀頃?
地域:ギリシャ
筋力:A+
耐久:A
敏捷:A
魔力:A
幸運:B
宝具:A

初期値/最大値
HP:1652/10327
ATK:1775/10655
COST:12
所有カード:Quick×1 Arts×1 Buster×3

保有スキル
勇猛[A+]:自身の攻撃力アップ&精神異常弱体耐性アップ
心眼(偽)[B]:自身に回避状態を付与&クリティカル威力アップ
戦闘続行[A]:自身にガッツ状態を付与

クラススキル
狂化[B]:自身のバスターカードの性能をアップ
神性[A]:自身に与ダメージプラス状態を付与

宝具名:射殺す百頭ナインライブズ
ランク:C~A+
種類:Buster
種別:対人宝具
効果:敵単体に超強力な攻撃&防御力ダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果UP〉

ヘラクレスの評価

元祖バーサーカー。今回の聖杯戦争では「十二の試練(ゴッド・ハンド)」は所持していない。
成長は低レベル帯の伸びがよく、中盤伸び悩み、終盤に再び伸びる。レベル20を過ぎると初期値のほぼ3倍のステータスとなり、序盤は他のサーヴァントから頭一つ抜けた火力をもつ。
しかしレベル30以降はステータスの伸びが悪くなっていき、ヴラド三世などに後塵を拝す。
レベル50を越えると再び成長期に入るが、その際の霊基再臨に使用する素材の収集難易度はやや高めである。言ってしまえば序盤向けのサーヴァントで育て上げれば☆4でも最高クラスの攻撃性能を活かせるようになるが、中途半端に育てると他のバーサーカーに劣る。
育てるならば主力キャラとして素材収集に労をつぎ込む覚悟が必要。
3ターン攻撃強化の「勇猛」、生存ターン数に直結する「心眼(偽)」「戦闘続行」とバランスの良いスキルが揃っている。これらのスキルや味方の援護を駆使して、高い攻撃力を継続して活かすことが出来るようになる。
宝具はBusterで単体・高威力系であり、種火などの周回向けではないものの、防御力ダウンからのチェイン攻撃は高火力。
単体のボスキラーとして活躍させると良いだろう。

ヘラクレスの略歴

ギリシャ神話における二大英雄の一人で神々や数多の怪物を倒したとされる世界屈指の英雄。彼を奉る神殿の支柱となっていた斧剣を触媒にアインツベルンのサーヴァントとして召喚された。アインツベルンが「バーサーカー最強!」と思ってしまっていることと、第四次聖杯戦争のことから手駒に余計な意思を持たせたくなかったためにバーサーカーとして召喚された。神話中で何度も発狂する伝承があることから「狂戦士」のクラスへの適正はそれなりに高いが、「魔術師」以外の全クラスに当てはまるほどの武芸百般を極めた武人である。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

カテゴリー

PR

Twitter

フォローお願いします!
fatego_japan